自転車とスキー 趣味の部屋

自転車とスキーの記録

2015-03-25
ブッチャーKさんの紹介で、元シクロクロス全日本チャンピオンの
宮内佐季子さんと大藪サイクルさんでお会いする事があり、
その流れで食事会に行った際に、今度一緒に走りましょう!
という事になり、大藪サイクルさんの定休日の3/25水曜に行く事に。
DSC09623_20150411222215d3e.jpg



メンバーは、大藪さん、サオリさん、ちよさん、まだ中1のMTB乗り、
1008の5人を宮内さんに面白いコースを案内して頂く。

今回のコースの一部は、4月11,12日に行われるアドベンチャーレースに
一部含まれるため、レース開催までは情報漏洩禁止との事で、レース終了後に
詳細をアップする事になりました。

平日と言う事で、渋滞が読めないためにかなり早めの出発。
アピカに9時待ち合わせの予定が、8時には到着。予想よりかなり早く着きました。
今日の阿蘇の噴煙は南向き。ただ、煙が白いので降灰は大丈夫そうです。

DSC09418_20150411221931632.jpg

ちよさんが到着。なんと、前日に無茶走りをして、脚を痛めているので、
今日はどうしよう?と迷い気味。
さらにはビンディングシューズを忘れたと。(^^;)
少しすると大藪さん御一行が到着。
自転車の準備をしていると、宮内さんが到着

DSC09430_201504112219376f6.jpg

自分のシクロ、宮内さんの情報を見ていて気がついたのですが、
2013年のレースで使用していたのと同じタイプです。
宮内さんも気がついたようで(^^)

WS00447.jpg

走り込んでいるので、ブレーキシューの摩耗も半端ないようです。

ちよさんの件もあり、大藪さんの車で伴走してもらう事になりました。
記念撮影して、出発

DSC09428_20150411221935030.jpg

途中で車同士の事故に遭遇。交通誘導等していて、少し時間が遅れました。
あと少しタイミングが違っていれば、こちらが巻き込まれていたかもしれません。
安全運転を心がけないといけないですね。

国造神社横を通り、ミルクロードに上がります。
途中、手野の名水で水補給

DSC09459_20150411221955d6d.jpg

ミルクロードに出て、右折、やまなみを左折します。
中萩の草付近で左折、最初は舗装路を走りますが、途中からダートに左折。
ここで宮内さんから、空気圧を下げるようにと。

DSC09482_20150411222009a8f.jpg

とはいえ、あまり低くするとリム打ちが怖いので、そこそこにしておきます。
MTBはかなり低く、タイヤがグニュグニュしてますね。
下りの路面をスタート。落ち葉の路面と思っていたら、途中こぶし大の石が
ゴロゴロ、しかし日陰と言う事もあり、石が直前まで見えない(>_<)
という事で、見えた石は避けて下って行きます。

途中分かれ道があり、後続を待っていると、サオリさんは押して下って来ました。
せっかくの面白いコースなのに、勿体ないです。

DSC09486_2015041122201108d.jpg

分かれ道を右折、すると、ぬかるみにタイヤを取られ、あれっ?と言う感じで
転倒(>_<)
他の人に気がつかれる前にスタートしようとしますが、みなさん、気配を感じたのか
振り返ってしまい、初コケが見つかりました。
恥ずかし~

後で気がついたのですが、バックミラーがこの時外れたようです。
また買わなきゃ・・・

DSC09491_20150411222014a05.jpg

川を渡ったりしながら

DSC09488_20150411222013e45.jpg

進んでいくと、K40に出ました。かなりのショートカットです。
が、時間はこちらが長いかも。

K40を左折し、下り戸付近で左折。
少し舗装路を走った後、砂利道となります。

DSC09503_20150411222016214.jpg

砂利道の登り、前後の体重移動とペダリングに注意しないと,スリップして
進めなくなります。

DSC09510_2015041122202767f.jpg

椎屋峠はこにような道が延々続くんだろうな、と思うと、多少の不安が。

宮内さんは立ち漕ぎでも平気で登って行きます。やはりペダリングが違います。

しばらく進むと、水源に到着。

DSC09511_201504112220288c0.jpg

ここで休憩です。

DSC09513_201504112220300aa.jpg

ここからは、一旦車を置いて全員で丘の上まで登る事になりました。

DSC09520_20150411222033cdd.jpg

かなり傾斜はあるものの舗装しているので登れる、と思っていたら

DSC09521_20150411222047686.jpg

急傾斜の砂利道が現れた。

DSC09528_2015041122205050f.jpg  

宮内さんは以前にシクロでは登れなかったが、MTBでは登れたそうで、今回は
シクロで再挑戦とのこと。
こちらも頑張って登ってみるが、敢えなく撃沈

DSC09530_20150411222052a50.jpg 

DSC09531_20150411222053005.jpg

再スタートも出来ないので、少し押してから傾斜の緩いところで再スタート

宮内さんは、今回シクロで成功です。
MTBは余裕で登れます。
やはり、タイヤ、ギヤ比の違いは大きいですね。

ここからは砂利と舗装が交互になった道を登って行きます。

丘の上に到着。この辺りは道路工事中らしく、休憩している人に記念写真を
撮ってもらいます。休憩中にありがとうございます。

DSC09551_20150411222114065.jpg

工事中なので、横の土手を進むと野焼きの跡が。
せっかくなので、野焼きの中を走って遊びます。

DSC09564_20150411222117648.jpg

ここからは下り。
やはりMTBは早いですね。
こちらも用心しながら下りを楽しみます。

DSC09574_2015041122212968f.jpg

途中で、大藪さんが車に戻るため右折、こちらは左折します。
ちよさんも車に戻ろうとするのですが、ここからは下りですよ!
と甘い言葉(詐欺?)で少し悩んで一緒に左折します。

ほぼ下りの砂利道を進んでいくと、途中で分かれ道があるが、MTBの姿が
見えない。宮内さんが逆に進んでも南小国に出るから大丈夫と、こちらも先に
進む事に。

DSC09581_20150411222135aed.jpg

少し下ると舗装路に到着。
ここにもMTBの姿が見えない。
宮内さんが「先程の別れ道を反対に進んでみる」と言って戻ろうとした時、
大藪さんと一緒に南小国に到着しているのが判明。
ホッと一安心。
大人なら多少の事は良いが、まだ中1、こちらにも責任があります。

コンビニで食料を調達し、お昼ご飯です。

DSC09584_20150411222147557.jpg

ここから、R212を少し下って、K134に右折

坂の上ではトンネル工事があるようで、トンネルの地鎮祭始めて見ました。

DSC09585_20150411222149054.jpg

湯田神社の先から左折し、少し進んで急傾斜の道を左折。
皆さん少し疲れたようで、ここからは宮内さんとMTB、1008の3人で
進んでいきます。

DSC09588_20150411222150ce1.jpg

こちらも結構キツイ登りですが、押さなくても済みそう。

DSC09590_201504112221539dc.jpg

進んでいると、娘からメッセージが。
今日が試験の合格発表なので、その連絡です。結果は桜(^^)
自己採点では問題無かったのですが、やはり何があるか心配だったので、
これで一安心。

これでダートはお終い、後は舗装路を進みます。

マゼノ共和国のキャンプ場を過ぎ、マゼノミステリーロードを右折。

DSC09598_201504112222121ce.jpg

坂を登っていくと、ミルクロードに出ました。

冬期閉鎖も解除されたようですね。
登りもこれで終わり、大観望方面に進み、内牧に下ります。
夕方になり、気温も下がり風も出てきたのですが、楽しかった走りのためか、
寒さはあまり感じず、無事アピカの駐車場に到着。

DSC09621_201504112222139dd.jpg

宮内さんにサインを頂きました。宮内さん、今日は1日ありがとうございました。

DSC09629_20150411222216dea.jpg

アドベンチャーレースでまたお会い出来るのを楽しみにしています。
(ファミリー&ビギナーコースですが)

帰りに今日の報告と合格発表のお祝いのステーキを買いにブッチャーKさんの
店に寄ります。

DSC09630_201504112222175dc.jpg

栄養ドリンクや後から大藪さん達も到着し、コーヒーを頂きながら、談笑。

ステーキ、滅多にお目にかかれない美味しさでした!
 ブッチャーKさんのお店、 日曜が休みと言うのが残念です。

いよいよ明日は本番! とは言ってもビギナーコースですが(^^;)

WS00453aa.jpg












いやー、凄いですね。
宮内さんってレースで活躍されているんでしょう。
そんな方と一緒に!
やはり道なき道の新規開拓は1008さん、よろしくお願いしまーす。

2015.04.13 20:47 URL | みきたか #fEVpLNRc [ 編集 ]

みきたかさん、こんばんは!
さすがに宮内さんのペースでは無く、自分たちのペースに合わせて頂きました。
ですので、こちらは暑い~と言っている横で、宮内さんは身体が温まらず寒い~ 状態でした。
今回は女性陣も参加でしたので、ペースの心配は無かったのですが(スタートするまでは)
女性陣は、サポートカーがお好きなようでして(脚の故障等で)最後のダートは3人だけとなっていました(笑)
道なき道、やはりシクロではキツイですね。
改めてMTBの走破性の高さを見せつけられました。

2015.04.13 21:53 URL | 1008 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://1008senba.blog.fc2.com/tb.php/88-7d1b91c3