fc2ブログ

自転車とスキー 趣味の部屋

自転車とスキーの記録

昨日は家内との走り納めだったが、今日はホントに走り納めです。
今回は、八方ヶ岳林道周辺の散策です。

事前予想では、走行距離 35km程なので、e-MTBはアシスト強めのe-MTBモードで
走って見ます

竜門ダムからスタートし、中片川沿いを登って行きます。
途中から2ルートに分かれるのですが、最初は怪しい道の方から

橋の点検のため通行止めの表示があるのですが、予定日が1月中だそうで、
かなり適当

DSC04022_20231230180011e45.jpg

通行する人は困るよね~

綺麗な道を進み、

DSC04025_202312301800146b9.jpg

右折するが、さほど変な道でも無いようで

DSC04027_20231230180016cde.jpg

問題無く、八方ヶ岳林道に到着

DSC04028_20231230180017826.jpg

林道を進みます
先の方では道路崩落だろうか? ブルーシートが見えます

DSC04030_20231230180038b7b.jpg

登山口とあるが、何処の山?

DSC04031_20231230180040541.jpg

反対側を見ると、八方ヶ岳と書かれていました

DSC04032_20231230180042df6.jpg

進んで行くと、やはり通行止めらしいです。

DSC04033_20231230180043701.jpg

その手前の道を一旦下り、

DSC04034_202312301800452b7.jpg

先程の分かれ道まで下って、激坂を登り返し
まあ、e-MTBだから出来るのですけどね

林道を走って、横道があれば、とりあえず進んでみます

まあ、殆どは登って行くが

DSC04037_202312301800582c4.jpg


道は終わって

DSC04036_20231230180057402.jpg

こちらもミニ丸太越えしながら進んで

DSC04039_2023123018010183d.jpg

罠で道は終わり

DSC04038_20231230180100e6a.jpg

どの道も石がゴロゴロ

登りでこれは・・・苦労します。

DSC04042_20231230180113505.jpg

まさか、こんな道とは予想しなかったので、今日のタイヤはグラベルキング
かなりムリしないと・・・

DSC04044_20231230180114fdc.jpg

DSC04046_20231230180117db6.jpg



時には、トゲのある木が

DSC04045_2023123018011656e.jpg

これは勘弁して欲しいな~

まあ、バカは体中に付着していますが


こんな道は走りやすいのですが、

DSC04048_202312301802047eb.jpg

まあ、その先は行き止まり

途中、野鳥の森 観察所の看板があったので、距離も300mと近いので、
行ってみるが、

DSC04051_20231230180209709.jpg


おいおい、なんて道だ!

DSC04053_20231230180210711.jpg

これって案内板を出して良いレベル?
もしかして、途中にあったコレが観察所?

DSC04054_2023123018023528c.jpg


林道を進むと、その先にも 野鳥の森の案内板が

DSC04055_202312301802373f4.jpg

今度は少し距離があるが、普通の道なので行ってみることに

DSC04060_20231230180257fed.jpg

しかし、、道は崩落していたり

DSC04056_20231230180238d0e.jpg

この道で良いの?

DSC04057_202312301802408e7.jpg

ここを下って来たが、激坂で地面は砂でその上に葉っぱと石が

DSC04058_20231230180241ca1.jpg

登る自信は無いな~

とりあえず、地形図では破線となってダム湖の道に繋がっているので、
このまま進んでダム湖の道に出るかな?

しかし、進めなかった場合、登り返せる道では無いため、迷います
まあ、頑張って見たものの予想通り道はありませんでしが。

DSC04059_20231230180255de6.jpg

地形図でも等高線が詰まっているため、難しいだろうな~と思っていましたが

当然、乗って登れるハズも無く、重たいe-MTBを押して引き返して
林道から別の道に

あの山は?

DSC04061_20231230180259695.jpg

麓は雲海に

DSC04062_20231230180300b27.jpg

そして、当初予定していた八方ヶ岳登山口駐車場

DSC04064_202312301803016e8.jpg

そこを少し進むと、登山口が
ここから1時間だそうです

DSC04065_20231230180319b4d.jpg

道は、その先も繋がっているので、進んで行くと
八方ヶ岳が

DSC04067_20231230180321256.jpg

かなり下っていくが、行き止まり

DSC04068_2023123018032378d.jpg

しかし、このあと進んだ道がここから100m程まで、
昔は繋がっていたのかも

登り返して、道があればとりあえず進んでみるが、

どれも荒れていますね

DSC04071_202312301803247ee.jpg

DSC04072_2023123018032673d.jpg

DSC04073_20231230180338172.jpg





e-MTBのバッテリー アシスト強めで走っているため、
獲得標高 1460mでバッテリー残は50% まあ上出来です


幅の広い側溝があるが、蓋がない
最初はジャンプしながら進んでみるが、タイミングがずれるとタイヤが側溝の角に
当たるため、安全のために片足を付きながら進みます。

DSC04076_20231230180343631.jpg

しかし、グレーチングが無いのはおかしいよね~
もしかして、鉄だから盗られた?

他の道も散策するが、どれも大変な道です

DSC04081_202312301804003a3.jpg

DSC04083.jpg




この道はトゲトゲの木が多数、この先は諦めます

DSC04088_202312301804176a4.jpg

とある道を進んでいくと、登山口から先の道に向かっている
少し大変だが

DSC04091_20231230180421c77.jpg

DSC04090_20231230180420c97.jpg



あと100m程でさっきの道に繋がる

DSC04093_202312301804239f4.jpg

と思ったのだが、これは諦めかな

DSC04094_20231230180441b1b.jpg

今度は、ダム湖の道を走って
他の道も


水場があったが、これって飲んだらヤバそう

DSC04097_20231230180445626.jpg

だって、表層の水を引っ張っているだけだもんね


砂防ダムに繋がっている道はパス

DSC04096_202312301804440d8.jpg

他も、面白そうな道が多々あるが、


DSC04098_202312301804474ea.jpg

DSC04099_20231230180501869.jpg

DSC04104_20231230180505255.jpg



DSC04106_202312301805184f7.jpg

どれも道は繋がっておらす(当然だけど)

DSC04108_202312301805216bc.jpg



DSC04107.jpg

DSC04105_202312301805072c0.jpg




野鳥の森の看板があったが、進めなくなるか、道に迷いそうなので、
ルートを判りやすくして欲しいですね

DSC04109_20231230180523014.jpg

しかし、季節だからなのか、ダム湖の水が少ない

DSC04111.jpg

最後に、月の広場に登って

DSC04112_20231230180534c24.jpg

走り納めです


予定より遅くなったので、最近OPENした紅葉堂で

DSC04119_20231230180540782.jpg

昼食を

DSC04118_20231230180539b8e.jpg

この写真を家内に送ったら・・・・  今度ご案内します。

本日の走行距離 50km 獲得標高 2150m バッテリー残 25%


WR12538.jpg

















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://1008senba.blog.fc2.com/tb.php/581-615cb91b