FC2ブログ

自転車とスキー 趣味の部屋

自転車とスキーの記録

県境をまたぐ移動が解除されたので、早速跨ぎに行く事に。
走っていない道を探している時に、県跨ぎの道はどれくらいあるのかな~
と思って調べてみた所、県境は山の尾根が多いため、思ったより道が少なかったりします。
で、その中で走っていない道は、県南は片手ほど(林道は除外です)
県北は小国付近も数本、そして荒尾方面は・・・道が多すぎ(^_^;)
なので、先ずは県南に行くことに
 ルートは国道の酷道と言われるR265です。
ただ、前日までの大雨が少し心配ではありますが。

車載で、湯前駅まで行き、そこからスタートします。

DSC09191_202006202138321ca.jpg

走った事が無い K264を進みます。
途中のお地蔵さんに道中の安全をお祈りして

DSC09192.jpg

なんだか円形分水みたいな施設が
でも、他と比べてかなり大きいぞ

DSC09193.jpg

この盛り上がりの中を水が流れているようです。

DSC09195_20200620213836200.jpg


調べて見たら、発電所の調圧水槽でした。

WR10790.jpg

R388に合流し、市房ダムを横目に見ながらノンビリと進んで行きます。

DSC09199_2020062021383830d.jpg

ただ、山には雲が・・・ ウィンドブレーカー持ってくれば良かったかな~

DSC09200_20200620213851ced.jpg

R265は酷道で有名ですが、R388もそれなりに酷道と言われているようです。

湯山温泉を過ぎ、交通量も激減して登りやすくなります。
すると、えっ、時間帯通行止め!

DSC09211_20200620213857755.jpg

そう言えば、途中にも表示があったな~

しかし、9:00~10:00が通行規制ですか。 で、今は9:10なので、50分待たねば(泣
この工事、あと数年は続くそうですが、工事が終われば酷道では無くなるそうで。

DSC09206_20200620213855a13.jpg


警備の人と世間話をしながら待つものの、ここは標高800m、登りで汗ばんだのが冷えて来て
寒い。 気温は13℃
看板の後ろで風を避けながら10時まで我慢です。

右手には市房山が見えます。

DSC09205.jpg

10時になり、先ずは下りが先に通行し、次に登りが通行します。
道は川のようで、

DSC09212_20200620213912dc7.jpg

この先が1車線に。
成る程、これは酷道と言われても・・・

やっと、湯山峠に到着。

DSC09214_20200620213913e8b.jpg

水上スカイヴィレッジ

DSC09215_20200620213915c04.jpg

コロナが落ち着いたら、高校や大学などが再び練習を再開しているそうです。

宮崎県側の道は

DSC09218_20200620213936062.jpg

快適な道

DSC09216_20200620213916219.jpg

と思ったら、そうでも無かった。

DSC09217_20200620213918921.jpg

ここを左に行くと、R265を椎葉に向かう道になります。

DSC09219_20200620213937352.jpg

でも、椎葉市街は直進?

しかし、この辺の川がでっかい石がゴロゴロしています。

DSC09222_20200620213939882.jpg

分かれ道、R388は左ですが、椎葉はそちら方面となっています。

DSC09224_2020062021394286c.jpg 

DSC09226_20200620214000c51.jpg

R265で飯干峠を越えるより、走りやすい道なんですかね。
少し気になる。

とりあえず、こちらは予定通りR265を西米良方面に進みます。

酷道と聞いていましたが、普通の道ですね。
ただ、至る所が川になっていて、

DSC09234_202006202140048cc.jpg


背中とお尻が冷たい~
別の意味で酷道でした。

そして、滝も多数。

DSC09229.jpg 

DSC09231_202006202140033a8.jpg


最初は写真を撮っていたが、あまりに多すぎて、途中からはパス(^_^;)

雨の後にもかかわらず、川は濁っていないのが不思議

DSC09235_20200620214006280.jpg

下り基調で進んで行くと、西米良に到着。

DSC09239_20200620214044c2b.jpg

少しウロウロして

DSC09240_20200620214045aac.jpg

丸ポストは無いかな~ と思ったが、ありませんでした。

ここから、もう少しR265を進みR219に進みます。

DSC09243_202006202140476a4.jpg

R265は紅葉街道らしいです。

DSC09245.jpg

紅葉の季節に来てみたいと、少し思ったりして。


横谷峠、国道はトンネルですが、旧道があるので、そちらに行こうとしたら、

あらら、通行止めですか。

DSC09250.jpg

なので、そのままトンネルに向かいます。

宮崎への県跨ぎもここでおしまい。

DSC09252_20200620214113a55.jpg

トンネルは人吉側に下っているので、楽ちん。
宮崎側の登りは緩やかで走りやすかったのですが、
熊本側の勾配は7~8%ありますね。
快適なダウンヒルを楽しみ、湯前駅の少し手前で左折


せっかくなので、走っていない県道を消夏します。

多良木駅の近くで、

DSC09255_2020062021411457e.jpg

丸ポスト発見

DSC09256_20200620214116eb8.jpg

学業えびす様も発見(^^)

DSC09257.jpg

ウロウロしていると、ドクターヘリが河川敷に下りてきた。

DSC09261_2020062021411910a.jpg

訓練だろうか?

サイクリングロードに立ち寄ったりしながら

DSC09262_20200620214139809.jpg

湯前駅に到着

DSC09263_2020062021414118f.jpg 

本日の走行距離 87km 獲得標高 1260m
標高は予想より少なめでした。

WR10789.jpg


そして、前日までの雨で滝が見頃かな?と思い、白水滝に行ってみることに。
もちろん、車です。
あの激坂はもう走りたくないです。

以前、自転車で行ったときは、期待が大きすぎたためか、ガックリきましたが、
今回は少し期待を

白龍妃はそれ程でもなく、少し残念。

DSC09266_20200620214142ffe.jpg 

DSC09270_202006202141457f1.jpg



白龍王はそこそこ水量がありました。

DSC09279.jpg   

DSC09283_20200620214227230.jpg 

もう少し透明度があれば、楽しめるのに

DSC09278_202006202142095f2.jpg

しかし、吊り橋からの戻り、疲れた脚には堪える~

DSC09288_20200620214229e97.jpg



そして、翌日は家庭サービスと言う名のサイクリング。
ただ、コースの状況がよく判らないため、家内はeMTBで。
とりあえず、車載で南小国まで行きます。

最初はK134を走り右折。

ん~、以前走った道だが、もう少し走りやすかった記憶が・・・
まあ、自分の記憶なんて(笑

アスファルトになると走りやすいです。
ただ、登りになると家内に付いて行けません(泣

DSC09297.jpg 


そして、先日の雨で道路は今日も川

DSC09296_202006211722095eb.jpg

K137に到着。


DSC09304_20200621172213497.jpg


ここからは下り! と思っていたら、あらら~登りが待ってましたか

DSC09305_202006211722159ed.jpg


でも、登った後には下りが待っています。

DSC09307.jpg 


DSC09308_20200621172234d44.jpg 


R387まで下り、左折して、池の山橋を渡ります。

川岸、こんな風景だったかな~

DSC09309_20200621172235be0.jpg


何だか荒々しく見えるのは気のせいだろうか


K12を進み

DSC09311_20200621172237bfc.jpg 


ちょっと休憩

DSC09312_202006211722380d0.jpg 


今回は、ほぼ舗装路なので、eMTBのタイヤは細めにして、チューブレスに。

DSC09314.jpg 

そのままでは回転数のセンサーが反応しないので、CATEYEのMgセンサーを

ローターにとりつけました。

DSC09313_202006211722542eb.jpg 


下筌ダムを

DSC09316.jpg 


渡ります。

雨の影響で、放水中

DSC09319.jpg



なので、この先にはダム湖に下りる道があるのですが、全て通行止めでした。

やはりアシストの力を借りた家内には追いつけません。

DSC09324_202006211723204b8.jpg 


速度が15kmいじょうになるとアシストが弱くなるので、こちらが有利なんですけどね。

トンネルを幾つか通り、

DSC09327_20200621172322159.jpg


貫見大橋に行ってみます。

だって、橋の中央が県境になっているから。

かなり荒れた道を下って

DSC09330.jpg


橋に到着。 って、これは・・・

DSC09331_20200621172327917.jpg

とりあえず、橋を渡り

DSC09332_2020062117234460b.jpg

何だか棚田に見えないこともないような

DSC09333_20200621172345c34.jpg


橋を渡った先、左折は出来ないようで。

DSC09335.jpg

そして、下って来た道を再び上って、先に進みます。



杖立大橋を渡って、県境を越えて、引き返して

DSC09338_202006211723502a7.jpg

橋の手前の道を直進します。

DSC09336_202006211723489ee.jpg 


が、「この先農地しかありません」 と書かれているが、それよりも
「この先酷道です」 の方が良さそうなんですけどね~。

この中途半端に甘い言葉に騙されて進んだ人が、多分いたでしょうね。




しかし、予想以上にこの道は・・・


DSC09343_20200621172409fd1.jpg


そして、傾斜も14%、更に路面が濡れてヌルヌル状態。

DSC09344_20200621172411f61.jpg 


ペダリングに注意しながら何とか押さずにクリアしていきます。

激坂もeMTBならスイスイ

DSC09346.jpg

こちらは、やっとこさ


枝道も所々あります。

DSC09350_20200621172414e83.jpg 


でも、行き止まりだろうな

何とかグリーンロードに出て


暫く下ってから左折

DSC09355_20200621172435b5e.jpg 


ご丁寧に道路に矢印があります。

車が多い国道を避けて、車が少ない道を通ります。
グリーンロードをアンダーパスして

DSC09357_202006211724381c3.jpg 

トンネルを通り

DSC09359_20200621172440904.jpg 

これは・・・車の通行は難しい

DSC09360_20200621172459a56.jpg 

DSC09361.jpg


そして、何とか南小国に到着。

家内がロードだったら、当分食事無しだったろうな~

本日の走行距離 47km 獲得標高 1010m

WR10792.jpg



































































湯前を帰着とすると殆どが知らない道ですね。
思っていたより酷道で無くがっかりされた様子が伝わります(笑)
小国方面、家族サービスと言う名の酷道探し。
それでもeバイクならいいですね。

2020.06.22 05:47 URL | みきたか #- [ 編集 ]

みきたかさん、おはようございます!
人吉から先、まだまだ走っていない道が多く、
興味がある場所です。
で酷道で有名なR265を期待したのですが・・・(^^;
まあ、湯山から椎葉方面が一番面白そうですが、
かなりキツそうです。
家庭サービス、eMTBだといろんな道を連れ回せるのが
わかりましたので、これから楽しめそうです(笑

2020.06.22 07:05 URL | 1008 #- [ 編集 ]

前半、どんな酷道かと期待していたのですが、それほどでもなかったですね。

後半、その獲得標高でも電動アシストなら奥さんも楽チンだったのでは?

2020.06.22 18:01 URL | のぶ #- [ 編集 ]

のぶさん、こんにちは!
車の場合の酷道は、自転車では車が滅多に通らず快適な道ですね。
まあ、自転車で言う酷道は、車だと通行不能かと(笑
家内も電動アシストだと、こちらを抜けるのが嬉しいようで
楽チンさも加わり喜んでいました。
これなら引き回しても、大丈夫そうです(^^)

2020.06.22 18:08 URL | 1008 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://1008senba.blog.fc2.com/tb.php/407-0a6db72b