自転車とスキー 趣味の部屋

自転車とスキーの記録

 家庭内平和維持活動のため、家内にカーボンロードを購入したものの、ボトルケージが
実質1個しか使用出来ない状態となっていた。

DSC01847.jpg

                                                                    
                                                                    

水分補給が少ない時期は1個でも良かったのだが、これから暑くなる季節、
ボトル1個では心許ない状態である。
原因は、シートチューブの下部形状がこのような変わった形状のため、ボトルケージの
取り付け位置が上側になっている。

DSC01850.jpg

そのため、小サイズのボトルも入らない。

DSC01847.jpg

辛うじてこのボトルはやっと入るものの、とても実用ではない。

DSC01846.jpg

そのため、夏を前にシートチューブにもボトルを使用できるようにと重い腰を持ち上げた。

通常のフレーム形状であれば、ナッターで取り付け位置を増やせば良いのだが、
この形状では無理なので、スペーサーを製作して位置を下げる事に。

重量が増えるのは最低限にしたかったので、アルミの端切れを壊れない程度のサイズに加工

DSC01851.jpg

また、取り付けネジもケージに当たらないように頭を薄く削る。

DSC01854.jpg

これを取り付け

DSC01843.jpg

ケージを取り付けると

DSC01858.jpg

小サイズのボトルが入るようになった。

DSC01837.jpg

このボトルだと、これだけ隙間が。

DSC01862.jpg

多分、このような部品は市販品を買えば早いのだろうが、自作出来る物をお金出して購入するのは
何となくもったいない気持ちがあるので、つい、作っちゃいます。



ボルトの頭を削るってグラインダー持ってるんですか?(会社かな?)
DIY本領発揮ですね。
しかし、ボトルをセット出来ないとはどんな設計思想なのか?

2015.07.11 06:28 URL | みきたか #fEVpLNRc [ 編集 ]

みきたかさん こんにちは!
大抵の工具は持っていのですが、ボルトの頭は会社の旋盤で削りました。
その方が綺麗に削れるもので。
ホント、メーカーももう少し考えて欲しいですね。
フレーム形状でどうしようもないのであれば、今回のようなアダプターを付属させて欲しいですよね。
あっ、そう言えば自分のCXはシートチューブにはケージ取り付けネジが無かったので、フレームに穴を空けて、ナッターを取り付けました。
まあ、競技使用前提であれば不要なので省いたとは思いますが。

2015.07.11 12:35 URL | 1008 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://1008senba.blog.fc2.com/tb.php/102-d69405ae