自転車とスキー 趣味の部屋

自転車とスキーの記録

2014-10-11
せっかくの3連休だが、台風が近づいており、走る事が出来そうなのは11日(土)のみ
しかし、風が強そうなので近場で遊ぼうかと考えていたところ、前日夜にみきたかさんから
荻岳ー崩野峠ーチポリーノ の参加者募集があり、急遽同行することに。
宮地駅までは輪行となるが、輪行は30年以上ぶりで、どうしたかなぞ記憶にありません。
輪行袋は3年前に買ったきりで未使用状態。
早速使用方法をYoutubeで見ながら収納。何とか大丈夫そうで一安心。

朝から、家内に水前寺駅まで送ってもらう。朝早くに申し訳ない(^^;)
階段を上るが、えらく楽チン。昔は苦労していた記憶があるが、考えたら、自転車はキャンピングで
サイドバック、フロントバック、テント、シュラフ等荷物満載だったので、当然大変だったはず。
ロードだと軽いので肩からかけなくてもヒョイと持って行けます。

6:30発だが、6:10には到着、ホームで列車が来るのを待ちます。

DSC04868.jpg

6:20に回送列車が入ってきたので、ふと行き先を見ると、肥後大津ー宮地 とあるではないか。

DSC04870.jpg

これに乗せてくれたら、大津で乗り換えなくても良いのに~ と思いつつ、6:30の列車を待つ。
列車が到着し、輪行袋を固定し、三里木でみきたかさんと合流。
みきたかさんのは、前輪だけを外すタイプなので、スペースを取りますが、人が少ないので、
無問題。

立野からスイッチバックを初体験しながら、車窓からの景色を楽しみます。
みきたかさんは朝食中(^^)

宮地駅に着き、自転車を組み立て。今回のルートは昼食の場所がなさそうなので、
近くのコンビニで昼食を調達します。
今回は、みきたかさんもFELTと、FELT2台での走行となります。

DSC04872.jpg

まずは箱石峠を目指します。

DSC04874.jpg

今日の天気予報は快晴だったが、空は曇が低く、危うい天気。風もだが、天気も
心配になってきました。

峠の名前の由来となった箱石の場所も判明!
前回のO3合同ライドの前日にST-さんから教えてもらいました。

DSC04875.jpg 

DSC04879.jpg

峠の先から左折し、K217を進んで行きます。
しばらく進むと広い道に出て、右手には阿蘇望橋が

DSC04894.jpg

橋の先から再び左折。今度は更に細い道に。一人でこの道を走るのは心細いが、二人だと
安心感がありますね。

DSC04897.jpg 

途中、台風対策でしょうか、畑の野菜にネットが一面

DSC04899.jpg

しばらく進むと、荻岳方面に右折し、登りが始まります。
みきたかさん情報だと、”阿蘇山が東側から良く見える”という事だったが、
左手に見えた山頂はガスっており、眺めは期待出来なさそう。
山頂に到着。ここの山頂は、東と西の2カ所あるようだ。

DSC04907.jpg

とりあえず、西側に登ってみるが、やはり何も見えない。(>_<)

DSC04912.jpg

景色はまたの機会のようだ。
来た道を下りl、右折し、K41を目指します。
途中、今上って来た荻岳が見えます。

DSC04928.jpg

途中ひたすらアップダウンが続き、段々と脚の疲れが・・・・
途中から宮崎県にはいります。

DSC04930.jpg

予報では北東の風で、追い風気味で走る予定が、山間部では風が回り込み
様々な方向から風が吹いてきます。
しかし、山に遮られて強風は免れています。

途中で、みきたかさんが”鹿だ”と叫ぶものの、ガザガザと音がするだけで発見ならず。
残念。
しかし、鹿はあちこちで良く見ているので、まあいいか。
しかし、みきたかさんは猪、猿は見たが、鹿は初めてらしい。
走る場所が違うのだろうか?

五ヶ所高原トンネルの手前で左折、崩野峠を目指すが、早速泥道が
前を走るみきたかさんがタイヤを取られておっとっと状態、となるが見事リカバリ
その先も落ち葉等があり、やはり車は通っていないようだ。

DSC04933.jpg

少し進むと、えっ?トンネル? 峠と思っていたら旧道もトンネルでした。残念

DSC04937.jpg

そこから少し進むとR325に到着
ここで、丁度12時となり、休憩がてら昼食タイム。

DSC04939.jpg

風が強いため、立てかけていた自転車が2回転倒(>_<) FELTさん、ごめんなさい。

丁度ST-さんから、今から141に入ると連絡が。
んっ?今からでは、六峰街道経由延岡は遅くないか?
しかし、141で会えるといいな~

ここからループ橋の手前までR325を走行

DSC04947.jpg

左折し、K8を進みひたすら下り道を進むが、この後、再び登りが待っているので嬉しくは無いです。
ならば最初から標高を下げない道を作って下さい。
とか考えていたら、麓の集落に到着。
ここから熊本県に入ります。

DSC04951.jpg

ふと右を見ると水場があるが、飲めるかどうかは怪しそう。

DSC04953.jpg

ここから141をひたすら進むが、登りの途中、道路上に何か動くものが、蛇だ~!
おもわず叫び超えを出すと、みきたかさんも気がつき、ダッシュで遠ざかります。
二人とも苦手なようで(>_<)
R265を超えると下り基調かと思いきや、予想以上にアップダウンが。
こんなハズでは無かったのだが(>_<)

それでも追い風に助けられ、円形分水を通過。

DSC04955.jpg

やはりST-さんには会えませんでした。 おそらく、電波の関係で送信時間がずれたのでは無いかと
推測。
やっとチポリーノに到着。

DSC04956.jpg

栗が入ったパンとシュークリームを食べていると差し入れのコーヒーとシフォンケーキが
出来たてのようで、フワフワ。とても美味しかったです。
家内に写真を送ったら、食べられずに残念がっていました。

DSC04957.jpg

 DSC04958.jpg

あまりゆっくりすると、お尻が上がらなくなりそうなので、出発することに。

DSC04959.jpg

 DSC04960.jpg

K39からK222ーK152-R445ーK57を通り、秋津川でみきたかさんと別れ、江津湖経由で帰宅。
みきたかさん、1日お世話になりました。

本日の走行距離 137km 獲得標高 2380m

WS00323.jpg WS00322.jpg