自転車とスキー 趣味の部屋

自転車とスキーの記録

2014年1月16日~21日 八甲田スキー

ここ数年恒例になっている八甲田へのスキー

1月16日(木)昼まで仕事をし、弁当を食べた後、家内の送迎で
空港まで移動し、東京へフライト
今回は離陸後、何故か大回りをし、更に雲が少なかったため
天草五橋方面まで良く見る事ができた。
地図で見てもわかるが、二号橋~五橋付近は島がポツンポツン
しかないのがよく分かる。
更に五木の山を見ながらフライトするが、山の上は白い雪が積もっており、
これは自転車での走行は出来ないな~!と思っていると、先の方に五ヶ瀬
スキー場が見えるではないか。
上から見ると、小さなスキー場にしか見えない。それとも山が大きいのか。
夕方に羽田に着き、とりあえず浜松町でトンカツ定食を食べ、しばらく時間が
あるので、ぶら~っとしていたら、今回同行するTさんから上野に美味しい
オムライス屋”たいめいけん”があるので一緒にどう?と連絡がある。
一瞬悩んだが、先程のはおやつ代わりと言う事で、オムライスとハンバーグの
セットを食べ、栄養補給完了。

2012

これから、夜行バスで青森に出発する。
いつも満員のパターンが多いが、今回は7~8人しかいない。
最後尾を広々と使用し、ゆったりと就寝

1月17日(金)
青森に6:30頃到着し、Tさんが借りている家に移動。
着いてから、早速出入口の雪かき。新しい雪は良いが、固まってくると氷に
なり、一苦労。
玄関と車の出入りが出来るようにだけ雪かきをする。

720

30分以上汗をかきながら何とか雪かきも終わり、スキーに出発
車で40分くらいの場所に、今回の目的地である八甲田スキー場がある。
この時期、晴れる事は滅多にないのだが、今日はすばらしい天気。
到着後そそくさと準備をし、ロープウェーの始発で山頂へ。
平日の始発便は人が少ない。(^_^)

1134 

1142

このスキー場はリフトはとりあえずあるが、メインはロープウェー1本のみ。
なので、輸送量も限界があり、滑る事が出来る人数は約150人/時間程度
しかし、来場者が多いため順番待ちが大変である。
最近は外人も年々増えてきているようだ。
今回も、ロープウェーの1ヶ月券をを購入。14000円なり
回数券だと4900円/5回 だが、それなりに滑る予定なので断然お得

1115

頂上に着き、一本目はダイレクトコースをノンストップで滑る。

907

この時点で脚が・・・・(>_<)
二本目からはパウダーを求めて、山を滑りまくる。
途中、木の近くで板が刺さり、木の回りの窪みに落下。
ここからの脱出に四苦八苦。木の周辺は、木の熱で雪が溶けており
足を踏むと股まで埋まってしまうし、上に上がろうにも回りの雪が崩れる
だけでなかなか上がる事が出来ない。やっと木の枝を見つけ、そこに足を
かけて上に上がる事ができた。
下手すれば非常にヤバイ状態だ。気をつけよう。
脚がヘロヘロになりながらも、楽しいパウダーを満喫(^o^)

908

樹氷帯は段差も多く、ジャンプする事もあります。

1325 1326


天気は良いし、風は無く、パウダーはあるし、最高のスキー日和である。
この日は、昼食も取らずに9本滑り、完了
帰りに温泉”かっぱの湯”に入って疲れを癒やし、夕食の食材調達にスーパーへ行く。

1654

熊本のスーパーでは見慣れない食材が多数ある。
中でも、魚の卵系が異常に多い。いくらが無く、すじこが山のようにあったりと
地域が変われば食材も変わるもんだ。おもしろいな~
到着後、早速雪かき。腰が痛い(>_<)

1月18日(土)
朝から恒例の雪かきをし、出発
八甲田方面の道路は夜間通行止めとなる。
以前は通行出来たそうだが、通行中に雪で動けなくなり、雪に埋もれたまま
除雪車に潰される事故が多発したため、通行止めになったそうだ。

843


今日も天気が良いので午前中はツアーに入る事に
参加者全員が登りの道具を持ってきているため、この季節には
珍しい温泉ルートへ行く事になった。やったー!
参加者のビーコンをチェック後スタートする。
ビーコンを持っていないと、雪崩に巻き込まれた時の捜索が出来ないため、
必需品です。

506a

ツアーは、参加者12~3人、ガイド4人と、とても贅沢な構成でロープウェー山頂
から板を担ぎ、電波塔まで登る。ここからスキーを履きゆるいアップダウンを
進んでいく。

1010

途中からは傾斜がきつくなるため、滑り止めのシールを板に装着し、坂を進んでいく。

1017

慣れている人はあっという間に装着が終わり、余裕の表情

1041

20分程登った所で、登りは終了。ここでシールを外し、滑りモードに。
ガイドさんが雪庇、雪崩等の状況を確認し1回目のスタート。

1045

天気も良く、雪質も最高。気持ちんよか滑りを楽しめました。

1135

途中林間コースを滑り、本日2回目でメインの斜面が登場。
上部は雪庇があり、雪崩の危険があるため、少し下に移動してから滑り始める。
皆さん、奇声を上げながら滑りまくる。
ここは斜面も長く、雪質、天気も文句なしで、言葉にならない最高の滑りを満喫(^o^)
全員滑り終わり、記念撮影。

ガイドさん曰く、ここ数年滅多にない状態だと。すごく運がいい。
逆に、今年の運を使い果たしたかもしれない。

1443

後は林間コースを滑り、バスが待っている場所に到着。バスでロープウェーまで戻る。
雪の上から道路に下りるのに高さがあるため、用心して下ります。

1518 

1519

午後からのツアーも行った事が無い場所に行くと言う事で、午後もツアーに入る事に。
出発までの時間、他の人たちは食事をするが、こちらは滑りが大事と肉まんを1個食べ、
そそくさと1本滑ってきました。

それから、午後のツアーに参加
今回は林間コースがメインだが、始めて行く場所なので、山の雰囲気が掴めた。
途中1人がはぐれ、ガイドの人が捜索するが見つける事が出来ない。
たが、常連の方だったので電話で連絡が付き、近くの道路迄下りてもらい、車で
迎えに行く事に。これでホッと一安心
アクシデントも発生したが、無事下まで下りる事が出来た。

370

はぐれた人とも合流し、バスで戻る。途中、はぐれた人が道路に出た場所を確認し、
全員で大笑い。無事だったから出来た笑いです。
本日3本で終了

温泉に入り、雪かきをし、夕食は近くに美味しい焼き肉屋があると言う事でそこに行く。
ここはカルビが美味しい。と言うか、メニューにはカルビとなっているが、肉は分厚く
脂身が少なく、柔くて味があって旨い!熊本にもあればいいのだが。

1852 1906


1月19日(日)
前日の雪かきも、夜中に雪が降ったため再び雪かきをして出発
この日は気温も低く、青森市内でマイナス10℃。車の窓も結晶が出来ていて、綺麗だ。

728 723

途中に岩木山展望所があり、こんな天気が良い日は綺麗に見えるそうだが、雪のため、
展望所には行く事が出来なかった。残念(-_-)

748

今日も八甲田は綺麗に見える。今回は、本当に天気に恵まれている。(^o^)

752

日曜はやはりロープウェー待ちが多い。

826

乗り場には映画”八甲田山”の写真等があちらこちらに飾られている。

1226 1233


数本滑った後、Tさん知り合いの地元の方の案内で、あまり知られていないルートに
連れて行ってもらう。
いつもは斜面の途中からトラバースしているのだが、結構下の方まで滑っていく。
トレースも無く、気持ちいい滑りが出来た。
そこからトラバースだが、途中雪が深く、ラッセルが大変。だが人数がいるおかげで
何とか進んでいく。
沢を横目に進んでいくが、地元の人曰く、”この沢に入って亡くなった人が何人も
いるから、絶対に入らないように”と言われ、改めて慎重になる。

しかし、若い人の言葉はある程度分かるが、年配の方の言葉は理解不能だ。
方言と、アクセントの違いで分かるのは1~2割といったところか!

227

もう一度地元の方達と滑るが、途中雪の中に埋もれていた木の枝にスキーの板が引っ掛かかり、
板が外れ、体はツリーホールに落下、流れ止めで足から宙ぶらり状態となる。
(この状態を”こうもり状態”と呼ぶらしい)
何とか流れ止めを外そうとするが、足に体重がかかっているため流れ止めを外す事が出来ず、
段々と力も無くなってきた所に、先程のおじさんが滑ってきて助けてくれた。
もし、来てくれなかったらどうなっていたのだろうか?
このような状況に遭遇すると単独行動はちょっと考えるな~。

そんなこんなでも、とりあえず滑りまくり、昼食はカップラーメンをロープウェーの売店で
そそくさと食べ、すぐに滑りスタート。
昼過ぎ迄は天気が良かったが、山頂付近は徐々にガスが発生
最後の1本は全く何も見えない。
TさんもGPSを見ながら移動するが、こちらは方角も何も全く分からず、ただ付いていく
のがやっとの状態。
最初聞いていたルートと進む方角が違うよな~と思いながら付いていくが、ある程度高度が
下がるとガスも薄くなり、辺りが見えるようになってきた。
やはり、コースは合っていた。こりゃ一歩間違えれば遭難するな~
最後はカモシカルートで、以前はカモシカがよく出没していたそうだ。
ここの平原から見る風景と、上から見る平原の景色は八甲田で最も好きな景色である。

何と、この日は10本滑る事が出来た。凄い!
これもTさんに引っ張ってもらったおかげである。
この日も温泉に入り、雪かきをして終了

1月20日(月)
夜中に降ったため、朝からまたまた雪かき。キリが無い
しかし、今日は最終日。何とか家の周りは片づいた。

626

また、家の前の道路を除雪車が通るが、その時に、家の前が綺麗だと、道路の雪を
家の前に置かれる事があるそうで、除雪車が来る時は、家の前で番をしなければ
ならないそうだ。
年寄りしかいない家庭は大変だろうと思う。何かいい方法は無いものだろうか?

移動途中、道路に倒木が横たわっていた。恐らく雪の重みだろう。
走行中に倒れてきたらどうなる事やら(>_<)

826

この日、Tさんは週末にニセコに行くため、テレマークの板で滑る事になった。
慣れないテレマークで一旦停止が何度があり、おかげで、前日までのノンストップに近い
状態が解消され、今日は多少楽!
そうなるとこちらも脚に余裕が出るため、更にパウダーを楽しめた。
3本目で、昨年一緒に滑った方と会い、一緒に滑る。
しかし、地元の滑りはハンパない。こちらは普通に滑るのがやっとなのに、凄いスピードで
滑りながら平気でジャンプやら何やらやってくれる。
それでも4本滑り、今回の八甲田スキーは終了となった。

今回の八甲田、天候と雪にとても恵まれ、最高に楽しいスキーを楽しむ事が出来た。
毎週のように来ているTさんも、この季節晴れる事は滅多にないので、
半分驚きの状態で喜んでいた。

3日半での
滑走回数 26本  ロープウェー代は 538円/回 と通常料金の半分で済んだ(^o^)

507a

一旦家に戻り、荷物をパッキングし、宅急便で発送し、車で移動開始。
昼食は、”かわら”で、味噌カレー牛乳ラーメンを食べる事に。

1429 1432

最初は珍味系と思っていたが、いざ食べると、普通にラーメンだ!
しかも結構美味しい。お持ち帰りパックがあったので、お土産に購入。
このラーメン、高速のPAでも売られており、結構有名のようだ。

当初、Tさんは一人で車で東京に戻る予定だったようだが、スキー後の疲れで
事故でも起こしたらいけないと思い、こちらもバスで無く、一緒に東京まで車移動することに。
運転を交代しながら走るが、左ハンドル(逆輸入のFJ)のため、最初は右に寄っていたが、
すぐに運転にも慣れ、ETCの深夜割引で50%OFFとなる深夜12:00チョイ過ぎに東京到着。
空港バスのある駅で降ろしてもらい、ここでTさんとはお別れ。
ほとんど専属ガイドさん状態でお世話になりました。
ネットカフェで軽く一眠りし、朝5時から空港に向かい、8時過ぎの飛行機でフライト。
雲が少なく、東京の景色がよく見える。

834

途中右側に座っていたが、富士山が左側に見えると言う事で、CAの方から左側
にどうぞ!と案内があったので、移動して写真をパチリ。

841

人が少ないから出来ました。
10時過ぎには会社に到着
早速溜まったmail処理、設備トラブル復旧とドタバタと仕事を始める。

八甲田に来ている方達は、皆さん良い人ばかりで、他のスキー場とは違い
アットホームな感じで、山も良いが、人も良いので、毎年行きたくなります。
また、今回のスキーで仕事を長期休んでいた間、毎年の行事だからと、温かく
見送り、仕事の代行をしてもらい、たくさんの人のおかげでスキーが楽しめる
とつくづく思い、感謝です。
(2月は北海道に行きます(^_^;))

[広告] VPS
[広告] VPS
[広告] VPS