自転車とスキー 趣味の部屋

自転車とスキーの記録

2014年1月11日 トレーニングで3333段石段へ

年末年始の運動不足とトレーニングを兼ねて石段登りへ
家内も鍛えるために、一緒に誘い車で石段を目指す。
本来であれば、自転車で行くべきだろうが、さすがに帰りの自信が無い。(^^;)
朝は寒いので、少し時間をずらして9時過ぎに出発する。
念のため、家を出る前にストレッチを行い、現地でも最終のストレッチをする。
現地に着いたら、保護者と思われる父兄が大勢いて、高校生の部活と思われる
学生があちこちにうようよ。部活の保護者も大変です。
さすがに、無料の駐車場は満杯なので、一番奥の有料Pに駐車する。
 
  12 20

軽くストレッチをして、いよいよスタート!
スタート地点は 標高240m
最初の登りはいつもキツイ!はずだが、最近の自転車で鍛えられたためか
それほどきつくなく、登って行ける。
家内とはペースが違うため、別々に登り、先に頂上を目指して登る。
順調に登っているが、心拍数が上がりすぎてキツイ!
ハアハア言いながらも脚は動かし、登り続ける。
前回は、数百段毎に立ち止まり休憩していたが、今回はほとんど止まらず、
登り続ける。
千段毎に時間を確認したら、12分/千段のペース

登り始めて40分後に頂上に到着し、記念写真を撮影し、すぐに下る事に

標高は860m 自転車の時は標高は気になるが、今回は標高は全く気にならず、
階段の段数のみが気になっていた。 ちなみに標高差は640m

47 45

下りも、最初来たときはゆっくりと降りたため脚に来たが、昨年来たときは
早足で降りて楽だったので、今回も早足で降りる事に。
たが、場所により、石段のピッチがバラバラの場所があり、歩幅が狂い、
下りにくい場所もあるのが難点です。。

2200段付近で、登ってきた家内とすれ違う。
応援代わりに、ポケットのジャマになっていたチョコを押しつけ、若干身軽になる。
そして、こちらは一旦、下まで降りる。
頂上から22分で麓に到着。
下に着き、着なかったウィンドブレーカーを一旦車に置く。
あまり休憩すると余計疲れるため、休憩はせずに家内を追いかけ、再び登り始める。
階段を登り始めるとすぐに失敗したと・・・
脚が凄く重い(>_<)
1回目とは違い、200段上る毎に止まって休まないと上れない。
ここを1日に何回も上る人がいるそうだが、信じられない。
何度も止まりながらも2000段近くになり、家内が降りてきた。
せっかくなので、2000段まで登り、折り返すことにする。
ここの標高は500mだった。

18

最初の考えでは、2回目も頂上を と考えていたが、明日はスキーに行くため、
あまり無理はしない事にしました。(体力不足ですな~)
 
そこからの下りは、家内もそれなりのペースだが、それに合わせると脚にくるので、
早足で少し降り、広いところで家内を待つ を繰り返しながら降りていく

下りはやはり楽だ(^o^)
家内は往復1時間50分で到着 お疲れ様でした。!

07

自転車で来なくて良かった。(^^;)

今回は自転車のウェアで来たが、背中のポケットや、通期性、風を通さない 等


このような場面でも、快適でした。






昼ご飯を食べようとしたが、1軒目は車が満杯で断念。
どうしようかと思ったが、あっ”とろや”と思い、富合を目指す。
車でR3を走りながら”とろや”を探すが、わからないので、場所を確認し、
無事到着。R3から少し入った所にあった!
うきうきロードをまっすぐ来た道の突き当たりだ。

33

混んでないか心配したが、中はそれほどでも無く、すんなり座れた。
家内はまぐろ丼を注文しようとしたが、本日は売り切れ(>_<)
2人ともまぐろカツ丼 こちらは大盛り、家内は小盛りを頼む。

しばらくすると 来た~

08

早速パクつく。うまい(^o^) カツも美味しいが、タレも美味しい。
運動後なのでつい大盛りを注文したが、今回の目的は増えた体重削減も
あったよな~ でも旨いからいいか!
さすが、大盛り、満腹満足 でも体重、特に下腹が気になります。

サイクリングでは筋肉痛はないが、今回は早速ふくらはぎの筋肉痛に(泣)



家に帰り、今度は自転車の保管ラックの改造を行う。
現在、家内用のロードバイクを注文中で、更にシクロクロスを検討しているが、
現状では置くスペースが無い。
なので、2台掛けラックを使用していたが、これを4台用に改造することにした。
これで、シクロを買っても”置く場所ないよ~”と言われないかな?
今までは、突っ張り棒1本で2台を置いていたが、さすがに安定が悪そうだったので、
突っ張り棒2本にする。
スローピングとホリゾンタルがあるので、置く場所を決め、自転車が水平になるように
セッティングする。

53

何とか組み上がったので、置いてある自転車を掛けてみる。
特に問題は無いようだ!
あとは、しばらく様子を見てから調整していこう。