自転車とスキー 趣味の部屋

自転車とスキーの記録

みきたかさんから、日向往還のお誘いがあり、みきたかさん、のぶさん、そして自分の
3人で行くことに。
今回は矢部まで車載です。
のぶさんをお迎えに行き、通潤橋道の駅に8時に到着。

DSC01362.jpg
                                                       。


間もなくみきたかさんも到着

まずは、西南の役博士と化したのぶさんが早速

DSC01137.jpg

通潤酒造に寄って

DSC01140_20170326205431d3d.jpg DSC01139_2017032620543124a.jpg

日向往還に向けてスタート
道標を探しながら

DSC01141_20170326205433783.jpg

進んで、

DSC01142_201703262055447c3.jpg 

DSC01145_20170326205546015.jpg 

DSC01148.jpg 


DSC01149_20170326205549580.jpg 

DSC01152_20170326205602048.jpg

進んで聖橋

DSC01157_201703262056051d8.jpg 



ここまでは、この前通ったルートなので、問題無し

R218を横切り、その先でアンダーパス

DSC01159_20170326205606390.jpg

少し道が悪くなるものの、特に問題無し

DSC01160_2017032620565469a.jpg

のぶさんが下に降り始めました。

DSC01165.jpg

男成石橋は下に降りないと撮影できません。

DSC01166_20170326205700ddd.jpg

そして、男成神社に

DSC01169.jpg

ここは大きい絵馬が

DSC01170_20170326205714c29.jpg

中の天井も

DSC01172_2017032620571703a.jpg

大木を見上げるお二人

DSC01176_20170326205730b25.jpg

山屋のトンネル方面、うわ~、泥道だあ(泣

DSC01181.jpg

まあ、今回は諦めていますが。

昨日の雨で滑りやすい路面を下り

DSC01184_20170326205736b52.jpg

トンネル入り口

DSC01189.jpg

トンネルを過ぎると、下り坂

DSC01193_20170326205752df4.jpg

用心しながら下り

DSC01195_201703262057540ea.jpg 

DSC01197_201703262058219a0.jpg

ますが、場所によっては自転車を持ち上げて

DSC01198_20170326205823e32.jpg

舗装路にでると、歩いてくる子供たちが。

DSC01200.jpg

自然を愛する会の日向往還でした。
学生の頃、リーダーであちこちに行ったのが懐かしいです。
しかし、あの頃はどのコースも10~20名程だったのだが、今では大人数
全ての子供たちに目を届かせるのは大変だろうな~

R218を横切り、K224を進みます。
寛原橋

DSC01201_201703262058265e8.jpg

の先からは階段が

DSC01203.jpg

ありますが、情報では迂回路があるそうです。

少し進んで、桜の先から左折しますが

DSC01206.jpg

行き止まり

DSC01208_20170326205842885.jpg

なので、先程の階段を登る羽目に

DSC01213_20170326205844f9d.jpg

なかなか大変です。

DSC01214.jpg

傾斜も緩くなり、乗車できます。

DSC01216.jpg

道標は石と木があります。

DSC01220_201703262059063e0.jpg

アンテナ塔の横を進み

DSC01224_2017032620590737b.jpg

これが庄屋跡だろうか?

DSC01240_20170326205934d6c.jpg

道標では、庄屋跡からはこちららしい

DSC01237_20170326205932e48.jpg

少し大変

DSC01241_2017032620593594c.jpg

と思ったら、もっと大変。

DSC01242.jpg

用心深いお二人は押して進みますが、こちらはタイヤを信用して乗ったまま

DSC01246_201703262059389d3.jpg

進んで

DSC01247_201703262100028e7.jpg

行くと、道が崩落

DSC01248_20170326210003101.jpg

僅かに残っている道も、その下は空洞。
さすがに、これは危険と言う事で、山側に登りますが

DSC01251.jpg

ズルっと・・・・

DSC01253.jpg

とりあえず、こちらが強引に登り

 DSC01255_20170326210007694.jpg

自転車を置いて

DSC01260_20170326210044584.jpg

上で自転車を引き受けます。

DSC01258_20170326210043633.jpg

強引に進んだものの、下りる場所がない。
なので、斜面に3人並んで、自転車を下ろします。

そして、みきたかさんが下りる時に、ズルッ

DSC01264_201703262100470e0.jpg

そこからは舗装路を快調に進み

ここは階段がルートのようだが、そのすぐ先で合流なので、パス

DSC01269_20170326210106141.jpg


年祢神社を過ぎて

DSC01272_2017032621010955f.jpg

どんどん進んで

DSC01275_20170326210110559.jpg 

DSC01278_2017032621012809f.jpg 

DSC01285_20170326210152090.jpg

虎御前小学校跡地

DSC01291_20170326210158da8.jpg

この広くなった場所が跡らしいです。

DSC01294.jpg

天気が良ければ、綺麗な景色が見られたのだが。

DSC01297.jpg

用心して走っているので、それほど汚れてはいないです。

DSC01298.jpg 

この後、悲惨な状態になるのですけどね(笑)

こちらは阿蘇が見えるはずなのに

DSC01305_20170326210216e90.jpg

残念。
コースはこちらみたいです
道標の上に矢印があるので、わかりやすい

DSC01317_20170326210241383.jpg

DSC01310.jpg

先週、日向往還ウォーキングが行われているので、所々矢印があり、助かります。

DSC01324_20170326210300f7b.jpg

ただ、本来とは異なるルートを通っているので、少し用心しないと。


馬見原の近くのR218に到着。

DSC01330_20170326210408cef.jpg

やれやれと思ったものの、あっ、こちらですか。

DSC01332_20170326210410985.jpg

ここを登り

DSC01333_2017032621041267b.jpg

板碑の道標

DSC01336.jpg

分かれ道だが、

DSC01337.jpg

矢印の方向がおかしい。

DSC01338_2017032621042934a.jpg

どうやら、道標の向きがあっていないようだ。

ここから先が大変

DSC01341_20170326210431962.jpg

下っているとリヤがロック。
?と思ってタイヤを見ると、太い枝が・・・・

DSC01342_20170326210432d5f.jpg

路面が滑りやすくて助かった~
しかし、よく刺さったな~

と思ったが、その先で左と右にスリップで転倒(泣

あ~、恥ずかしい

橋を渡り

DSC01343_20170326210434398.jpg

R218を横切り

DSC01345_20170326210449043.jpg

走り慣れた、夫婦石に到着

DSC01352_201703262104515cb.jpg

ゴールの馬見原到着です。

DSC01356_201703262104523bc.jpg 

DSC01365_20170326210511a7f.jpg

のぶさんの案内で、西南戦争で使われた
薩摩官軍、まさか、この階段の上が本営では無いですよね。

DSC01367_20170326210513b27.jpg

そして、馬見原バーガーで腹ごしらえ

DSC01372_20170326210514bba.jpg 

DSC01376_20170326210517beb.jpg

九州のへそを見て

DSC01378_2017032621054187a.jpg

清和道の駅

DSC01381_20170326210543595.jpg

ダイエット中なので、我慢です。

DSC01382_20170326210544b2b.jpg

そして、チポリーノでに到着

DSC01384_201703262105468d9.jpg 

DSC01385_20170326210547317.jpg

今回は金粉付き
毎回ありがとうございます。

通潤橋に戻り、車で温泉に向かいます。


通潤山荘で温泉に入り

DSC01387_2017032621060309c.jpg

疲れも取れて、帰路につきます。

途中、かなり雨が降った様子。

のぶさんを送って、帰宅。
早速自転車を水洗い、
していると、雨が本降りになってきた。

家内は、山鹿に行っており、植木付近を走行中。
これは迎えに行かないと、ご飯抜きかな(笑)
と慌てて迎えに行き、雨が酷くなる前になんとか救出成功(^^♪

本日の走行距離 47km  獲得標高 880m

みきたかさん、のぶさん、本日はお世話になりました。 

詳細はのぶさんのブログをご覧くださいね

WS000026a.jpg





今日はお疲れ様でした。
いやはや、タフなコースでしたね。
忘れようのないサイクリングになりました。
それから、いつもながら同乗させていただき、ありがとうございました。
奥様の回収もできてよかったですね。

2017.03.26 21:41 URL | のぶ #S3vGackU [ 編集 ]

これまた面白そうなことをされてますね(笑)
僕のシクロクロス(フレーム塗装に出したっきり約2ヶ月放置プレイ中)が組み上がったら報告しますので、酷道アタックの際は誘って下さいませ。
いや、行きたいような行きたくないような・・・

2017.03.26 21:43 URL | ないちん工場長 #- [ 編集 ]

のぶさん、今日はお世話になりました。
一人だと不安になりそうなコースですが、
3人だと楽しい内容でしたね。
家内は、当初迎えは不要との事でしたが、
本降りになると食事抜きの可能性があるので、
あわててお迎えに向かいました。(笑)

2017.03.26 21:47 URL | 1008 #- [ 編集 ]

ないちん工場長殿、こんばんは!
いや~、今日は楽しかったですよ~
ただ、酷道を目指しているのではなくて、
行ってみたら酷道だったというパターン
なのですが(^-^;
まあ、行ってみないとわかりませんからね。
組あがったら遊びましょうね。

2017.03.26 21:51 URL | 1008 #- [ 編集 ]

ヘ◯タイライドお疲れ様でした。
先約が無ければ参加予定だったのですが……行かなくて良かったとも思えます(笑)

そう言えば酷道ライドはまだご一緒していませんので、機会があれば誘って下さい(・∀・)

2017.03.26 22:05 URL | KawaB #- [ 編集 ]

KawaBさん、こんばんは!
ご一緒出来ず、残念でした。(泣
今日は酷道と呼んでいいレベルだったのかな?
と思いますが、なかなかこのような道には出会えないですね。
って、道ではないですかね(笑)
次回、酷道らしき場所に行くときには是非ご一緒したいです。

2017.03.26 22:11 URL | 1008 #- [ 編集 ]

盛りだくさんで面白そうなコースですね。
昔の街道を道標たよりにたどるのも大変ですね。
でも思いがけずタフなコースも3人で走れば楽しさ3倍ですね!

2017.03.27 01:13 URL | ナワ #- [ 編集 ]

昨日はありがとうございました。
1008さんが準備されたルートに随分助けられました。
また、先頭での危険個所突破は流石に普段からの酷道ハンターでした^^;
快晴では無かったものの先週のハイキングイベントから1週間後、雨の合間を縫っての絶妙な時程でもあったかと。
思い出に残るサイクリング(ハイキング?)ありがとうございました!

2017.03.27 04:36 URL | みきたか #TVcfetPo [ 編集 ]

ナワさん、おはようございます!
昔の街道を辿るのは、予習と経験豊富な
のぶさん、みきたかさん、のおかげです。
タフなコースも一人だと不安ですが、3人だと笑いになりますね
いや~、楽しかったです。

2017.03.27 07:18 URL | 1008 #- [ 編集 ]

みきたかさん、昨日はお世話になりました。
こちらは、乗って行けそうだと、つい乗ってしまうのですが、お二人の慎重さ、見習います(^^;
自分が走るコースは、ルートラボで引けない道が多いので、最近は地図ソフトでルートを引きます。
今回も、それで、ルートを引いたので、多少分かりやすかったようです。
天気も何とか持って助かりました。
次回も宜しくお願い致します。

2017.03.27 07:24 URL | 1008 #- [ 編集 ]

1008さん、おはようございます。
相変わらず楽しげな所を走られてますね。
私も日向往還を辿っていたのですが、途中で挫折しています。
矢部の放牛地蔵もまだ行けていないので、そのうちに時間を作って行かなくては。

2017.03.27 07:56 URL | rm1116 #- [ 編集 ]

rm1116さん、おはようございます!
日向往還、ルートもよくわからない状況でしたので、
一人だと行こうとは思いませんでしたが、心強いお二人のおかげで、無事制覇する事が出来ました。
放牛地蔵は分かりやすいので、是非。

2017.03.27 08:01 URL | 1008 #9K64Lzaw [ 編集 ]

1008さんにとっては楽しそうな道を走られましたね(^-^)
まだ担いでまで行く道は通った事はないです(笑)
それにしてもかなりの枚数画像におさめられましたね。
お三方の楽しそうな雰囲気までとてもよく伝わってきます(≧∀≦)

2017.03.27 14:16 URL | せい #q7XswXQk [ 編集 ]

うーん、皆さん酷道ハンターとおっしゃってますが、道がありゃそうかもしれませんが道がなきゃ自転車かついで山歩きしてるようにしかみえないんですがねー(笑)

2017.03.27 16:16 URL | mottea #- [ 編集 ]

せいさん、こんにちは!
自転車を担いだのは久しぶりでした。
地形によって、押したり担いたりと、使い分けが必要ですね。
あっ、シューズは当然SPDで。
しかし、ワイワイしながらと、普通に走るより
遥かに楽しかったです。

2017.03.27 17:24 URL | 1008 #9K64Lzaw [ 編集 ]

なるほどー この人達だったら、牛を引いて歩いてた道を自転車で行けそうな気がする。

2017.03.27 17:28 URL | 読み逃げ屋 #- [ 編集 ]

motteaさん、こんにちは!
たしかに、いつもの酷道は農作業等で普通に通っている道ですからね~
まあ、今回は歩くための道でしたから、自転車でハイキングといった所ですかね(笑
次回、ご一緒しましょうね(^^;

2017.03.27 17:30 URL | 1008 #9K64Lzaw [ 編集 ]

読み逃げ屋さん、こんにちは!
実は、今回の目的の一つとして、次回の阿蘇サイクリングの練習を兼ねていました。(笑
が、2回手を付いたので、まだまだ練習不足のようです。
楽しいコース、待ってますね(^^;

2017.03.27 17:34 URL | 1008 #9K64Lzaw [ 編集 ]

なんとまぁ(笑)楽しかったでしょう?
1008さんが好きそうな道ばかりで(笑)
03BIG3ならどんなトラブルも大丈夫!
イノシシが出てくれば完璧でしたね(笑笑)

2017.03.29 06:46 URL | お好み焼きSD #- [ 編集 ]

お好み焼きSDさん、こんにちは!
自転車を担いだのは久しぶりでしたね。
あのメンバーなら、何があっても心配はないですね。
むしろ、トラブルも楽しくなります(笑
イノシンは、斜面登った先でタケノコを掘った跡が多数ありましたが、姿は見えませんでした。
見つけたら晩御飯のおかずになったのですが(^^;

2017.03.29 12:39 URL | 1008 #9K64Lzaw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://1008senba.blog.fc2.com/tb.php/232-9b358cc4